継目落ち対策

 ロングレール化されずに継目が残っていると、列車の衝撃荷重により継目落ち、端欠け、端部バッター、軌道変位、騒音、列車動揺、道床細粒化、レールボンド脱落、継目板・ボルト折損等に起因しますし、対応に苦慮していることが容易に想像できます。そこで、継目落ち対策の例を挙げておきますので、施工能力を考慮し対策を打ってはいかがでしょうか。


(参考文献)

  • 保線工学<上> 保線工学編集委員会 編

コメント

タイトルとURLをコピーしました